小児の埋伏正中歯の治療について

小児の前歯の生え変わりの時期に、永久歯の前歯が歪んで生えてきたり、なかなか生えてこなかったりしたときは、埋伏正中歯または、埋伏過剰歯が原因であることがあり、かかりつけの歯科医に相談し、レントゲンなどで、きちんとした診察を受ける必要があります。

初診時、右の永久歯前歯が、生え変わっていません。

レントゲンで診ると真ん中に埋伏正中歯(埋伏過剰歯)があり、それが、後続の永久歯前歯の萌出、生え変わりを妨げていました。

埋伏正中歯(埋伏過剰歯)は、お子様の年齢や、発育状態を考慮し、最適な時期に抜歯治療ををしなければなりませんが、基本的には、なるべく早めに発見された状態で、抜歯をするのが、後の悪影響や、矯正治療の負担減になります。

ただし、小児歯科治療の際の、原則で、小児期に、歯科医院のイメージが、良いものになるように心がける必要があります。(お子様の場合、成人の患者様よりも、治療には、意外と、適応、順応性がよく、麻酔を使った、虫歯治療や、根管治療、抜歯治療も、一度、うまく克服、完了してしまえば、治療を受ける自信がつき、マイナスイメージが残ることは少ないものです。)

 

手術をより安全に、なおかつ迅速に行うために、このような場合は、小児であっても、CTを撮影します。(歯科用CTは、コーンビームタイプのため、医科用CTの約20分の1の線量)

レーザーを用いて、なるべく無痛、無出血の手術を行い、なおかつ、後続永久歯が萌出しやすいよう開窓術の状態で、傷口を縫い合わさないようにします。治療は、わずか3分程度で終わります。

 

 

術後7日目の状態です。

後続永久歯が、きちんと萌出してきています。あとは、最適なタイミングで、簡単な矯正装置で、真っすぐの正常な位置に治せば、その後の影響も見られず、正常な発育状態になります。

乳歯の根管治療のポイント

乳歯の根管治療は永久歯と比べると以下のような違いがあります。

  • 乳歯の歯の根は湾曲している傾向にあることと、歯の根が永久歯との生え変わりで吸収していることがあり、レントゲンで根の長さと形を把握することが重要です。
  • 乳歯の根管治療は、永久歯のように、根尖病変や歯周組織を治癒させることよりは、後続永久歯の発育成長を妨げないことが重要な要素になる。
  • 乳歯の根管治療が適切に行われない場合、後続永久歯の形成不全や発育不全が起きることがあり、長い将来の永久歯の健康を保つためにも、とても重要な治療になる。

乳歯の虫歯治療

本当の予防治療は乳歯の時期からの正しいホームドクターによる管理から始まります。
また、良い予防治療とは、フッ素塗布やシーラントによる虫歯予防といったものをさすのではなく、適切な検査診断を含めたものをさすと考えます。

乳歯の歯科疾患の特徴のひとつと対応法を挙げてみます。

乳歯の虫歯は主に、奥歯の歯と歯の間に好発します。しかしながら、これは見ただけでは分からない部分から、進行し、たとえ親御さんが一般的な仕上げ磨きを毎日熱心にしてあげたとしても防いだり見つけたりすることは難しいでしょう。
そこで、専門家による正しい検査と、予防処置が必要になります。


普段、仕上げ磨きを熱心にしてもっらているお子さんの歯がかけたとのことで来院された奥歯です。6歳であることは、一番右の奥歯が通称、6歳臼歯と呼ばれる一番最初にはえる永久歯です。


もう、この段階では、虫歯はかなり進行してしまっており、お子さんでも麻酔をしっかりしてきちんとした治療が必要になっているのです。
そして、もうひとつここで、大切なことがあります。それは、隣の歯も大きく虫歯になっているということです。


実際の虫歯の大きさです。


虫歯をきちんと治療するとともにかみ合わせもきちんとします。


無事治療が完了しました。


乳歯虫歯の典型的な、歯医者の受診の仕方ではないでしょうか?
このような、状態でお子さんを初めて歯科医院を訪れさせることはあまり好ましいことではないのです。


穴の開いた歯だけでなはく隣の歯も虫歯になっています。


乳歯であっても麻酔をして、きちんと治療をおこないます。

このように、正しい予防、正しい検査、正しい治療とは何かを理解したうえで、かかりつけの歯科医とお子さんとご家族の信頼関係を築いていくことが
子供さんのお口の健康をきちんと管理できる良い方法だと考えます。

シーラントとは

シーラントとは虫歯になりやすいかみ合わせの面の溝をフッ素の樹脂でシールし、一定の期間、虫歯からのバリヤーの役割をします。

歯を削らずに予防処置が行えますので、お子様が受けやすく、効果の高い予防歯科治療です。

処置後は、定期的に剥がれがないかチェックし、剥がれがあれば、予防効果の高い期間は、継続的に補修しながら予防治療を続けます。

 

骨年齢

WS000113

矯正治療においては、実際の年齢(歴齢)と、骨格的な成長の年齢(生理的年齢)を把握する簡便かつ有効な診断方法として、手のレントゲンを参考にして、矯正治療の時期、タイミングを考慮するのに役立てます。

 

 WS000115

 

151113(38)

手のレントゲン検査の意味、目的、方法、メリット、デメリット

意味

実際の年齢(歴齢)と、骨格的な成長の年齢(生理的年齢)を把握する簡便かつ有効な診断方法

目的

矯正治療の時期、タイミングを考慮するのに役立てます。

方法

左右どちらか片方の手のひらをレントゲン撮影します。

メリット

レントゲンの撮影が容易。

エックス線の被ばくに対して小児のお子様などに対しても安全な部位である。

デメリット

歯科保険の適応外になる。(当クリニックでは矯正検査の費用に含まれています。)

実際の診断の方法(診断の応用方法)

手のひら部分の骨の数(手根骨の骨核の数)・・・年齢の平均状態と対比

骨と骨の隙間(骨端線の消失)・・・年齢の平均状態と対比、隙間、幅の大きさから成長を予測

親指の内側の骨の有無(拇指尺側種子骨の出現)・・・出現時期の少し前から同時期に骨格的な成長が盛んになるため、顎の成長が予測できる。

 

子供の歯とお口のケアーについて

20140514_1601551

 

お子さんに、どのような歯のケアーをしてあげたらいいのでしょか?

0歳から1歳6か月(18か月)

栄養のバランスの取れた食事や甘いものを与える適切なコントロールをして、仕上げ磨きなどの親御さんによる予防をきっちりとしてあげましょう。

1歳6か月(18か月)から5歳ぐらいまで

歯磨きが自分で上手にできるようにちゃんと躾けてあげてください。それから、食事の栄養のバランスを心がけ、甘いものの食べ方に注意を払ってあげてください。(甘党にしない、摂取回数を減らすなど)

指しゃぶりとハンカチかみの歯並びの影響

指しゃぶりとハンカチかみなどの、歯や、顎の発育などのかみ合わせに大きく影響することがあり、歯科の観点から考えると、Bad Habit(悪習癖)ととらえられるものです。

この癖は、上顎前突(出っ歯)や開口(前歯が閉じない)などの原因と関係が深く、適切な時期になるべく、やめさせることで、不正咬合の自然治癒がみられたりします。

ただし、子供の、精神的バランスをとるための行動とも考えられ、適切に医師や、歯科医師と相談されることが望ましいと考えます。

子供の歯磨きについて

子供の歯磨きについて

麻酔後の咬傷について

小児歯科において、麻酔を使った虫歯治療などの後に、その違和感からかみしめて、唇を傷づけて、後で腫れたり、潰瘍ができたりすることが多くありますので、術後は、保護者が、その点をきおつけて教えてあげてください。

乳歯の奥歯の痛みについて

子供さんが、奥歯が痛いというようなときに、乳歯の虫歯がみられないときは、その奥の歯ぐきが痛いときがあります。これは、今ある乳歯の一番奥歯のその後ろに、6歳臼歯と呼ばれる永久歯が生えてくるときによく見られます。

但し、目に見えない虫歯が原因なのか、後続永久歯が原因なのか、このころには、レントゲンもきちんと取れる年齢になってきていますし、顎や、歯の発育を観察することが、大変重要になってくる時期なので、きちんと診察を受けることをお勧めします。

 

また、乳歯の歯髄炎の痛みとの鑑別は次の表を参考にしてください。