歯肉縁下歯石

歯肉縁下歯石は通常、歯ぐきの下にできる歯石で、見ただけではほとんど発見することができないため、ポケットクローブによる触診や、レントゲンによる発見が必要になります。

この歯肉縁下歯石は、まさしく、歯槽膿漏(歯周病)の特徴である、症状がないままに、歯を悪化させ、歯がグラグラになって抜けてしまうおおきな原因の一つになります。

 

140422(15)ー 140422(10)ー

縁下歯石ー

 

 

 

虫歯、歯槽膿漏予防とクリーニング

歯科医院での専門家による定期健診とクリーニングは虫歯、歯槽膿漏の早期発見、早期治療に、最も効果のある方法のひとつです。 それを、適切に続けることで、歯科医院での治療は必ずしも、痛い、怖いといったイメージのものではなく、健康的で、気持ちのよいものだといえると思います。

DSC_0300.JPG
術前

DSC_0099.JPG