抜けた歯の治療に適した矯正治療と虫歯治療

歯が抜けた部分は、通常、義歯か、ブリッジか、インプラントで治療することになりますが、たまたま、矯正治療を受けるタイミングと重なれば、インプラントもせずに、かつ、矯正治療にとっても、進めやすい場合があります。

左上の歯が、1本抜歯になり、しばらく、仮の歯をくっつけておられた患者様が、矯正治療を希望して来院されました。

 

 

検査で、上あごが出っ歯になっていること、下の歯並びもガタガタしていること、などから、抜歯矯正が適応と判断され、ちょうど抜けたままになっているスペースを使って、矯正治療をすれば、インプラントなどの治療もしなくて治療が進められる診断結果になりました。

また、歯と歯の間の虫歯も術前のレントゲンで確認されていたため、丁度いいタイミングで、横から、虫歯治療ができ、歯をなるべく削らずに治療することもできました。

矯正治療の術後

スマイルラインと歯の色を考慮したインプラント治療

前歯のブリッジの審美性が気になり来院されました。

レントゲンで、歯周病の問題や心配はない反面、虫歯の治療も必要でした。

前歯のブリッジがつながっているため、患者様の若い年齢も考慮し、治療の審美性だけでなく、将来的にメンテナンスやお手入れがしやすく、再治療も容易な方法として、メリット、デメリットを考え、インプラントを取り入れて治療することになりました。

審美性と、かみ合わせ、残っており骨の状態もきちんと調べ治療に取り掛かりました。

ブリッジを外し、天然の歯の部分の虫歯治療をきちんと行い、インプラントの治療も行いました。

仮の歯ので、スマイルラインや、かみ合わせをチェックします。

ほかの虫歯もきちんと治療するだけでなく、奥歯は、前歯のかみ合わせの支えのための重要な関係があります。

一旦、治療を終了しましたが、患者様から、前歯の色が、1本気になるとのことで再治療することになりました。

黒い部分は、治療前の着色部分で、虫歯ではないという理由と、歯の神経を守るために、削らずにおいていましたが、セラミックの歯の色に、透けて影響するため、なるべく、歯の神経を傷つけないように、慎重に、着色を取り除き、その部分を白くカバーし、再度セラミックの差し歯(セラミッククラウン)の治療をやり直しました。

 

 

ブリッジのやり変えのためのインプラント

欠けてしまった、前歯のブリッジのやり変えを希望して来院されました。

ブリッジの再治療をするにあたり、全部がつながっているため、

  • やり変えが大掛かりになる。
  • ブリッジを支える歯が虫歯や歯周病でボロボロになっており、ブリッジのやり変えではなく、入れ歯かインプラントの支えも必要になってくる可能性がある。
  • 残せる歯を、なるべく抜かずに再生させる必要がある。

これらを考慮して、治療を進める必要があるため、十分な検査を行い、治療の診断、計画を立て、治療を行いました。

 

 

治療としては、

  • なるべく歯を抜かずに残す
  • 虫歯と歯周病とかみ合わせをきちんと治す
  • 将来、今回の治療のきっかけのように、歯のどこかにトラブルが生じた場合、その部分だけ簡単に治療やリカバーなどのトラブル解決ができるようにしておく。

以上の点を含めて治療を行いました。

 

上下のブリッジを外し、腐ってしまって、残せない歯以外は、すべて、なるべく抜かずに残し、虫歯や、歯周病をきちんと治療し、さらに、それらの歯が、治療後、長く健康な状態に保てるよう、歯が、もともと無かった部分と腐ってしまっていた部分にのみ、にインプラントを入れ、治療を終えました。

治療は、1本づつの歯になっているため、日々のお手入れもしやすく、万が一、どこかの歯が悪くなっても、その部分だけ治療すればいいだけのメンテナンスがしやすい状態にして完了しました。

 

上顎洞に迷入したインプラントの摘出

150331(77)

インプラント治療のトラブル、偶発症の一つに、インプラントが上顎洞(副鼻腔)に迷入し、上顎洞炎(蓄膿)を引き起こすことが挙げられます。

レントゲンの写真は、他医からの紹介で来院された患者様です。

初診時、インプラント周囲炎、歯周病、インプラントの上顎洞迷入の問題がありました。

上顎洞に迷入したインプラントは、そのインプラントの摘出術と、上顎洞炎(副鼻腔炎、蓄膿)を治癒させる必要があります。

治療方法として、インプラント周囲炎、歯周病の治療と、インプラントの再治療による咀嚼機能の回復、それから、上顎洞迷入のインプラントの摘出が必要になります。

150331(79)

150331(79)-

当院でのインプラントの再治療と上顎洞迷入のインプラントの位置関係です。

151110(0)

インプラントの再治療と、インプラント摘出の術前のレントゲン

150331(83)

インプラント摘出の術直後のレントゲン

150331(82)

摘出したインプラント

 

150331(80)

最小限の手術侵襲(体の負担)で、腫れや出血がほとんどありません。

手術はわずか5分で終了しますが、一般の歯科医ではできない手術になります。

また、口腔外科が行える病院でも、このような最小限の手術をすることは、CTによる綿密な検査と、特殊な治療法を用いることが必要です。

当院では、このように、インプラントの失敗や、予後の不良な状態も、きちんとリカバーできる治療法で安心して、インプラントの治療による快適な咀嚼機能と審美性の回復という、インプラント治療のメリットを享受できる治療が受けられます。

インプラント、親知らずの抜歯をしない、再生治療

抜かないといけない、あるいは残せないといわれた歯の再生治療には、インプラントによる治療、移植治療、入れ歯治療などの選択がありますが、条件が良ければ、本来抜歯となる親知らずが、抜いた歯の代わりに新しい歯として、生え変わらせることができます。


抜かないといけない歯の場所に、顎の中にある親知らずを生えさせます。

術前正面


レーザー治療で出血と痛みが出ない状態で手術します、

レーザーによる出血と痛みを抑えた治療で矯正装置を付けます。

埋まっていた親知らずが出てきます。


矯正装置を付け替えて歯列を整えます。

上の虫歯の治療


上の抜かないといけない歯の前の虫歯もきちんとなおして、その後ろの小さく見えるのが埋まっていた親知らずで自然に生えてきます、


述語歯列

述語歯列側面(下の一番奥の歯が顎の中に埋まっていた親知らずです。が、しっかり噛めるはになりました。)
131005(2)
術後正面(前歯のホワイトニング済み)

インプラント、根管治療、親知らずの治療


左側がインプラントが痛くて、噛めないとのことで来院

左側は古いインプラントのせいで骨が溶けて、つながったいる歯も抜かなくてはいけない。


左側は失ってしまった3本分の奥歯を噛めるようにするために2本のインプラントいれた。
右側は歯の神経が腐って、歯根嚢胞の2本の歯と親知らずの3本の歯を抜かなくていいようにするため、1本のインプラントをいれ、

京都 北山吉川歯科クリニックのインプラントについては、当クリニックのインプラントHP、または治療ブログのカテゴリーからインプラントを参照してください。

歯を抜けたままにしておいたときの歯の移動

虫歯や歯槽膿漏(歯周病)、歯の根の病気などで 歯を失った部分を放置しておくとかみ合う歯や隣の歯が移動してきます。

そのようなことを防いだり、奥歯でしっかり噛むためにも、インプラントが必要になる場合もあります。

130322(24)

 

 

すべての歯がそろっていたとき

 

130322(25)

 

奥歯がなくなってから、数年たった状態

レントゲン右側のいちばん奥の歯が歯列より下に下がってきています。

インプラントがなぜ必要か?

インプラント治療は、歯を失った部分を放置しておくことで起きる問題を防ぐために有効な治療法の一つになりますが、その問題の代表的な例を解説します。

上の奥歯を失ったときにおきる問題

下の歯が過萌出してきてかみ合わせが乱れます。

スクリーンショット 2014-01-16 10.47.41 スクリーンショット 2014-01-16 10.48.16

上の奥歯を失ったときにおきる問題のイメージ図

040210(99) 130422(27)

上の奥歯を失ったときにおきる問題の術前術後

下の奥歯を失ったときにおきる問題

上の歯が過萌出してきてかみ合わせが乱れます。

スクリーンショット 2014-01-16 10.47.41 スクリーンショット 2014-01-16 10.49.06

下の奥歯を失ったときにおきる問題のイメージ図

100126(90) 100126(89)

下の奥歯を失ったときにおきる問題の術前術後

奥歯一本を失ったときにおきる問題

両側の歯とかみ合わせの歯が乱れます。

スクリーンショット 2014-01-16 10.47.41 スクリーンショット 2014-01-16 10.49.44

奥歯一本を失ったときにおきる問題のイメージ図

120906(53) 120906(54)

奥歯一本を失ったときにおきる問題の術前術後

歯を失ったときにおきる問題を放置した時のさらにおきる変化

スクリーンショット (5) スクリーンショット (6) スクリーンショット (7)

歯を失ったときにおきる問題を放置した時のさらにおきる変化のイメージ図

090918(185) 090918(186)

050520(146) 050520(149)

050520(183) 050520(187)

歯を失ったときにおきる問題を放置した時のさらにおきる問題の術前術後

2014年5月12日 | カテゴリー : インプラント | 投稿者 : 家庭の医学歯

インプラント治療の目的

インプラント治療の目的

  • 失った永久歯の回復(再生)
  • 残っている歯の保護と安定
  • 口元とお口全体とバランスの回復

インプラントの治療の目的とは、失った部分の歯をインプランのト治療で、もう一度補うといっただけの目的がインプラントの治療ではなく、失った歯以外の部分の歯との調和により、インプラントの治療が歯列全体あるいは、口腔組織全体のバランスの調和を回復し、お口の健康回復と咀嚼機能、審美性を回復はかることがインプラントの治療目的です。

失った永久歯の回復(再生)

100807(48) 100807(54)

残っている歯の保護と安定

040210(99) 130422(27)

口元とお口全体とバランスの回復

図8 図9

2014年5月12日 | カテゴリー : インプラント | 投稿者 : 家庭の医学歯