根管治療(歯内療法)

根管治療とは

根管治療とは

「アメリカ歯科医師会(ADA)ブローショアーより」 根管治療とは歯の根の治療(歯の神経の治療)のことで、日本では根管治療(根幹、根冠ではなく)、あるいは、専門的には歯内療法と呼ばれます。 この治療はいわゆる、歯の神経を抜くという意味合いの治療ではなく、虫歯、歯槽膿漏、かみ合わせの問題、その他の、歯の疾患原因により、歯の神経としての役目を終えてしまった歯の神経の代わりに、歯科医師が、歯の内部に、歯を生きた歯と同じようにその後もお口の中に、咀嚼組織としての機能及び、審美的に健康な口腔状態を維持させるために発達した、お口の健康のために、非常に大切な治療です。 よりわかりやすくいいかえれば、歯が痛んだり、腫れたりしたときに、その原因となる歯を原因を除去するために抜いてしまうのではなく、痛みや、腫れの症状のみを取り除き、歯の健康を回復して、よみがえらせる治療です。 日本では、歯が痛い時に、歯の神経を治療することが必要と診断された場合、歯の神経の治療は専門になるので専門医に行くようにといった紹介をされることはありませんが、歯科先進国のアメリカには、Enddontistという専門医(Specialist)が行う、Enddontictreatment、あるいはRootcanaltreatmentと呼ばれる治療を指します。 なぜ、アメリカでは、この根管治療が専門の治療に分けられているかというと、その治療の難しさに理由があります。 今日、目覚ましい、発達をし、歯科治療のレベルをおおいに高めた治療の一つに、歯科インプランントがあります。この歯科インプランントの治療は、失った歯(永久歯)をもう一度取り戻す、歯科の再生、再建治療として、非常に重要な役割を果たし、その治療のメリットを多くな患者様が享受し、一昔前では、一度歯を失うと、入れ歯(義歯)でその失った部分を補う以外に方法がなかったことから考えても、大変な素晴らしい治療です。 根管治療は、そのインプランントの治療のずっと以前からある治療ですが、痛みや腫れがあると、歯を抜いていた時代には、同じく、その当時の素晴らしい再生治療の一つです。 どちらの治療も、現在ほぼ、治療法も確立され、安定した治療ですが、以前根管治療が、専門治療とされているのは、その精密さと難易度に差があるからです。 具体的には、インプラントは、骨にドリルで穴をあけ、差し歯を埋め込みます。一方、根管治療は、その骨より小さい、歯の根にドリルで穴をあけ、差し歯を埋め込みます。 そして、治療後、骨に行ったインプランント治療は、骨の自然治癒に助けられ、安定しますが、根管治療は、歯が自然治癒することがないため、確実に歯科医師が治さなければならないといった違いが、難しさの違いの一つになります。(ただし、インプランントはより全身的な手術の難しさを伴います。) このようなことにより、その技術の差が大きな根管治療は、歯を大切にしたい、患者様にとってとても大切な治療になるはずです。 usa enddontics dds 「アメリカの根管治療専門の歯科医院」

症状

歯の神経の疾患の症状としては、専門的には歯髄疾患の症状としては専門的には以下のように分類されます。

歯髄疾患(いわゆる歯髄炎)

根尖性歯周疾患(いわゆる感染根管)

歯髄炎(急性歯髄炎、慢性歯髄炎、歯髄壊死)の症状

歯痛(機械的刺激、冷温痛、自発痛、放散痛)などがみられ、進行して、歯の神経が壊死すると、歯痛が一旦消失する。 WS000004

感染根管(急性根尖性歯周炎、慢性根尖性歯周炎、歯根嚢胞)の症状

歯痛、歯の浮いた感じ、歯の動揺、歯肉の腫脹、排膿などがみられる。慢性の場合、歯痛がみられない場合が多い。 WS000006

原因

歯の根の病気の原因には代表的なものとして、次の様なものがあります。
  • 虫歯
  • 歯槽膿漏
  • かみ合わせ(歯の破折、外傷性咬合など)
  • 歯髄に対する刺激(温度刺激、薬剤刺激、電気刺激等)

虫歯

WS000006

歯槽膿漏

WS000027

かみ合わせ(歯の破折、外傷性咬合など)

WS000028

歯髄に対する刺激(温度刺激、薬剤刺激、電気刺激等)

WS000029
 

診断

診断の種類

  • 歯髄炎(急性歯髄炎、慢性歯髄炎、歯髄壊死)
  • 感染根管(急性根尖性歯周炎、慢性根尖性歯周炎)

診断の方法

  • 問診
  • 視診
  • 触診
  • 打診
  • 温度診
  • 電子歯髄診
  • レントゲン診査
  • 咬合診
 

治療

根管治療の流れについて

診断により、治療法としては、大きく分けて、根管治療(根管再治療)、抜歯治療、外科的根管治療(歯根端切除術)が選択されます。ここでは根管治療の方法を説明します。根管治療は、歯の神経(歯髄と呼ばれる)の状態により、治療法が分類されます。 根管治療は、歯の神経(歯髄と呼ばれる)の状態により、治療法が分類されます。

歯髄炎の治療

痛みのコントロール、詰め物、かぶせもの、虫歯の完全な除去、痛みの神経の除去と仮歯の装着

歯髄炎の場合、十分な麻酔により、痛みを取り除き、歯の根の内部をきれいにします。この際に、痛みを取り除くために歯の根を治療しますが、その前に、素早く、確実に歯の内部の虫歯や、感染物を十分取り除いてから、歯の根を治療しないと、歯の根の内部を感染させることになり、適切に治療が行えないため、非常にデリケートで難しい治療です。治療期間の歯の審美・機能的問題が起きないよう、きれいな仮歯を装着します。

保存剤を歯の根に詰めます。

保存剤を丁寧に、歯の根に入れます。

歯の根の修復治療

歯の根を修復します。

修復した歯の根の上にセラミックのかぶせもの装着します。

治療後の歯を天然歯のように、自然で機能的に回復します。

術後の検診(レントゲン)で治癒を確認

術後、定期健診でレントゲンを撮影し、治癒を確認できれば、治療完了です。

感染根管の治療(歯の根の治療の再治療の場合、約4倍の治療行程と難易度が生じる)非外科的根管治療

詰め物、かぶせもの、虫歯、神経の取り残しの除去と仮歯の装着

、感染根管治療の場合は、歯髄炎の治療と同様の治療に入る前に、詰め物、かぶせものを除去し、まず、上部の虫歯の取り残しを完全に除去し、その後、歯の根の中の古い保存と神経の取り残しを除去する準備と、治療期間の歯の審美・機能的問題が起きないよう、きれいな仮歯を装着します。(ここまでが、一番最初の根管治療と違い4倍ほどの治療行程と難易度が生じる)

古い保存剤の除去と神経の取り残しの完全除去と骨の再生治療

歯の根の中の古い保存と神経の取り残しを完全に除去し、歯の根の先の病巣を消失させ、骨の再生を促す治療を行います。(再治療の場合、ここでも、治療の難易度が生じる)

新しい保存剤を歯の根に詰めます。

新しい保存剤を丁寧に入れ、歯の根を補強、修復します。

歯の根の修復治療

歯の根を修復します。

修復した歯の根の上にセラミックのかぶせもの装着します。

治療後の歯を天然歯のように、自然で機能的に回復します。

術後の検診(レントゲン)で治癒を確認

術後、定期健診でレントゲンを撮影し、治癒を確認できれば、治療完了です。

感染根管の治療(外科的根管治療、外科的歯内療法

WS000065  WS000066WS000067WS000068WS000069WS000072WS000073WS000074WS000076   このほかに、根管治療によるホワイトニングなどの治療、また、乳歯の根管治療などがあります。
 

予後

101120(41)

根管治療の予後について

根管治療の予後については、歯の根(歯根)と歯(歯冠)の修復が終わった後に、定期健診で経過観察し確認します。その際に、予後の成功率にかかわる重要な要素として、
  • 歯の根(歯根)の修復をどのような材料と治療で行ったか、また、どれだけ厳密に行ったか、
  • その次に、歯(歯冠)の修復をどのような材料と治療で行ったか、また、どれだけ厳密に行ったか、
  • その次に、かみ合わせのバランスが取れているか(歯の根の治療の原因の一つである、かみ合わせの問題があると、歯の根が治らない)
RCT要素 図1 これらの要素が満たされて、根管治療を行った歯が、元通りの天然の歯のように、お口の中で、健康な歯として残り、機能します。

セルフチェック

セルフチェックについて

セルフチェックについては
  • 自発痛(何もしなくても痛むか、夜間ズキズキ痛むか、鈍い痛み、鋭い痛み、間歇的な痛み)
  • 誘発痛(冷たいもの、熱いもの、甘いものが痛んだり、しみたりするか?)
  • 打診痛(噛んでみたり、軽く叩いてみて痛みがあるか?)
  • 視診・触診(虫歯になっているか、歯が摩耗しているか?)

根管治療の目的

根管治療の目的とは、いわゆる、歯の神経を抜くという意味合いの治療ではなく、虫歯、歯槽膿漏、かみ合わせの問題、その他の、歯の疾患原因により、歯の神経としての役目を終えてしまった歯の神経の代わりに、歯科医師が、歯の内部に、歯を生きた歯と同じようにその後もお口の中に、咀嚼組織としての機能及び、審美的に健康な口腔状態を維持させるために、よりわかりやすくいいかえれば、歯が痛んだり、腫れたりしたときに、その原因となる歯を原因を除去するために抜いてしまうのではなく、痛みや、腫れの症状のみを取り除き、歯の健康を回復して、よみがえらせることがその目的です。

根管治療の検査

根管治療の検査には、問診、視診、触診、打診、温度診、電子歯髄診、レントゲン診査、咬合診などがあります。

問診

視診

触診

打診

温度診

電子歯髄診

レントゲン診査

咬合診

 

根管治療の期間と回数

根管治療の期間と回数

歯髄炎の治療

  • 痛みのコントロール、詰め物、かぶせもの、虫歯の完全な除去、痛みの神経の除去と仮歯の装着(1回目のアポイント)
  • 保存剤を歯の根に詰めます。(1回目か2回目のアポイント)
  • 歯の根の修復治療(2回目か3回目のアポイント)
  • 修復した歯の根の上にセラミックのかぶせもの装着します。(2回目か3回目か4回目のアポイント )
  • 術後の検診(レントゲン)で治癒を確認(定期健診時経過観察にて確認)

感染根管の治療

  • 詰め物、かぶせもの、虫歯、神経の取り残しの除去と仮歯の装着(1回目のアポイント)
  • 古い保存剤の除去と神経の取り残しの完全除去と骨の再生治療(1回目か2回目のアポイント)
  • 新しい保存剤を歯の根に詰めます。(2回目か3回目のアポイント)
  • 歯の根の修復治療(2回目か3回目か4回目のアポイント )
  • 修復した歯の根の上にセラミックのかぶせもの装着します。(2回目か3回目か4回目か5回目のアポイント )
  • 術後の検診(レントゲン)で治癒を確認(定期健診時経過観察にて確認)
つまり、根管治療(歯内療法、根幹根冠治療、歯の根の治療、歯の神経の治療)はわずか数回で完了する治療ですWS000027  WS000026  WS000028

根管治療がなぜ難しいか

根管治療がなぜ難しいか 今日、目覚ましい、発達をし、歯科治療のレベルをおおいに高めた治療の一つに、歯科インプランントがあります。この歯科インプランントの治療は、失った歯(永久歯)をもう一度取り戻す、歯科の再生、再建治療として、非常に重要な役割を果たし、その治療のメリットを多くな患者様が享受し、一昔前では、一度歯を失うと、入れ歯(義歯)でその失った部分を補う以外に方法がなかったことから考えても、大変な素晴らしい治療です。 根管治療は、そのインプランントの治療のずっと以前からある治療ですが、痛みや腫れがあると、歯を抜いていた時代には、同じく、その当時の素晴らしい再生治療の一つです。 どちらの治療も、現在ほぼ、治療法も確立され、安定した治療ですが、以前根管治療が、専門治療とされているのは、その精密さと難易度に差があるからです。 具体的には、インプラントは、骨にドリルで穴をあけ、差し歯を埋め込みます。一方、根管治療は、その骨より小さい、歯の根にドリルで穴をあけ、差し歯を埋め込みます。 そして、治療後、骨に行ったインプランント治療は、骨の自然治癒に助けられ、安定しますが、根管治療は、歯が自然治癒することがないため、確実に歯科医師が治さなければならないといった違いが、難しさの違いの一つになります。(ただし、インプランントはより全身的な手術の難しさを伴います。)

歯の神経を抜くメリットデメリット

歯の神経を抜くメリットデメリット

根管治療の器具

2014-05-20 10.17.47 2014-05-20 10.10.44 2014-05-20 10.11.53 2014-05-20 10.12.23 2014-05-20 10.15.01 2014-05-20 10.15.59 2014-05-20 10.16.04 2014-05-20 10.17.19 2014-05-20 10.17.26 A1119_T1 A47_T1 A264_T1 A268_T1 A271_T1 A443_T1 A964_T1 A1011_T1 A1028_T1 A1112_T1

根管治療の薬剤(お薬)

根管治療の成功と失敗について

根管治療の成功と失敗について

根管治療成功のための条件とは

RCT要素 図1 根管治療成功のための条件とは、
  • 確実な原因の診断が必要
  • 確実なレントゲン撮影技術が必要
  • 確実な虫歯除去治療が必要
  • 確実な根管治療が必要
  • 確実な土台治療が必要
  • 確実な補綴治療(被せ物)が必要
  • 確実な術後確認が必要
  • 確実なメンテナンスが必要
以上のような条件がすべてそろわなければ、根管治療の成功率に影響が出ます。 その理由は
  • 確実な原因の診断が必要(歯の神経の状態に合わせた治療方針が必要になるため)
  • 確実なレントゲン撮影技術が必要(歯の根の病気の原因と大きさ、治癒の確認が必要になるため)
  • 確実な虫歯除去治療が必要(虫歯の完全除去ののちに根管治療に入らないと、歯の根に虫歯菌が押し込まれるため)
  • 確実な根管治療が必要(根管治療自体が技術の差が出るため)
  • 確実な土台治療が必要(根管への再感染の経路になったり、歯の根の保護、強化にとって大切なため)
  • 確実な被せ物が必要(根管への再感染の経路になったり、かみ合わせが歯根歯周組織の回復安定の要素になるため)
  • 確実な術後確認が必要(根管治療の治癒と安定は術後管理が大切なため)
  • 確実なメンテナンスが必要(経年的な変化を見守り、予防的立場での管理が必要なため)
 
   
根管治療についてもっと詳しくは→→根管治療ナビ http://www.konkantiryou.com/をご参照ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です