レントゲン

歯のレントゲン

一般的に日常診療で歯のレントゲンと呼ばれるものは、デンタルレントゲンを指すことが多いです。   標準的撮影法 140131(69)   081018~1   デンタル18枚法 デンタルレントゲンと呼ばれ、歯科治療の中で、最も一般的かつ、頻繁に用いられるレントゲンの一つです。 18枚法と呼ばれる方法で、一本の歯の歯槽膿漏(歯周病)、虫歯、歯の根の病気(歯根の病気)などを調べるのに最も確実なレントゲンの一つです。 咬翼法 081018(3)-kaku2 バイトウィングレントゲンと呼ばれ、歯科治療の中で、最も一般的かつ、頻繁に用いられるレントゲンの一つです。 デンタルレントゲン(標準的撮影法)と違う点は、歯と歯の間に初期虫歯がより確実に調べることができる点と、一枚の撮影で、約8本の歯を診断することができるため、(デンタルレントゲンの場合約4本)レントゲンの被ばく量(被爆量)を最小限に抑えながら、初期虫歯がより確実に調べることができる点、また、小児歯科の場合などに、レントゲンのセンサーまたはフィルムを保持することが容易である点などが挙げられます。  

顎のレントゲン

歯科パノラマ撮影法 081018(0)-1   このレントゲンは一般的にパノラマレントゲン(顎のレントゲン)と呼ばれ、歯科治療における日常の診療で最も多く、一般的に用いられているレントゲンです。 1枚のレントゲンで、お口全体の状態を把握でき、歯科的既往歴、埋伏歯、顎関節の状態、唾石の有無、蓄膿(上顎洞炎)、歯槽膿漏(歯周病)、虫歯、歯の根の病気(根管治療、歯内療法)などを一度に診ることができます。 但し、歯槽膿漏(歯周病)、虫歯、歯の根の病、(根管治療、歯内療法)などをより正確に診査、診断するには、デンタルレントゲンやバイトウィングレントゲンなどを併用する必要があることが多くあります。

歯科のレントゲンについて

歯科のレントゲンには、口内撮影法エックス線、口外撮影法エックス線、特殊撮影法エックス線があり、臨床的には、主にパノラマレントゲン、デンタルレントゲン、セファロレントゲンが主に一般的に用いられます。

口内撮影法エックス線

標準的撮影法 081018~1 デンタルレントゲンと呼ばれ、歯科治療の中で、最も一般的かつ、頻繁に用いられるレントゲンの一つです。 18枚法と呼ばれる方法で、一本の歯の歯槽膿漏(歯周病)、虫歯、歯の根の病気(歯根の病気)などを調べるのに最も確実なレントゲンの一つです。 咬翼法 081018(3)-kaku2 バイトウィングレントゲンと呼ばれ、歯科治療の中で、最も一般的かつ、頻繁に用いられるレントゲンの一つです。 デンタルレントゲン(標準的撮影法)と違う点は、歯と歯の間に初期虫歯がより確実に調べることができる点と、一枚の撮影で、約8本の歯を診断することができるため、(デンタルレントゲンの場合約4本)レントゲンの被ばく量(被爆量)を最小限に抑えながら、初期虫歯がより確実に調べることができる点、また、小児歯科の場合などに、レントゲンのセンサーまたはフィルムを保持することが容易である点などが挙げられます。 咬合法 歯列を別の角度から、またデンタルレントゲンよりも少し大きな範囲で撮影します。 主に、下顎の骨の骨折、腫れ(骨膜炎等)、腫瘍や、舌(ベロ)の下などにある、唾石、上顎の中に埋まっている埋伏歯などを調べるのに用いられます。  

口外撮影法エックス線

頭顔面部の撮影法
  • 正面撮影法
  • 側面撮影法
  • ウォーターズ法
  • 軸位撮影法
  • 頭部傾斜撮影法
下顎骨骨体撮影法 顎関節撮影法 歯科パノラマ撮影法 081018(0)-1   歯科治療における日常の診療で最も多く、一般的に用いられているレントゲンです。 1枚のレントゲンで、お口全体の状態を把握でき、歯科的既往歴、埋伏歯、顎関節の状態、唾石の有無、蓄膿(上顎洞炎)、歯槽膿漏(歯周病)、虫歯、歯の根の病気(根管治療、歯内療法)などを一度に診ることができます。 但し、歯槽膿漏(歯周病)、虫歯、歯の根の病、(根管治療、歯内療法)などをより正確に診査、診断するには、デンタルレントゲンやバイトウィングレントゲンなどを併用する必要があることが多くあります。

特殊撮影法エックス線

頭部エックス線規格写真 s-ise1   主に矯正治療の術前、術中、術後の診査、診断、評価に用いられます。 CT(コンピューター断層撮影法) s-ct-%203dka  

頭のレントゲン

歯科の日常臨床で用いられる頭のレントゲンとよばれるものは、一般的には、頭部エックス線規格写真(日常臨床では、セファロレントゲンと呼ばれる)がそれにあたり、矯正治療の診査、診断、経過観察の際に用いられることが多い。その中でも、側方位から撮影される(側面撮影法)のものと、前後方向位から撮影される(正面撮影法)があり、側方から撮影されるものが用いられることが多い、   31221(50) 側方位から撮影される(側面撮影法)レントゲン   31221(49) 前後方向位から撮影される(正面撮影法)レントゲン  

CT検査

WS000036

WS000036   2b530e80c7d0de90885e285c5d7980631-300x245 94ed160662be198949535a112047e9b4 140325(10)ー 795316b92fc766b0181f6fef074f03fa1-300x227 f4a1b0aed5dc02442c433030ff24c0311-300x236 140924(5) 140924(10)   CT撮影は今日では歯科に欠かせない検査の一つになってきており、CT(コンピューター断層撮影法 Computed Tomographyの略)で撮影された頭部をさらに、最新のコンピューター画像処理システムで処理解析して診断、および治療シュミレーション(3Dプリンターに出力して個人の顎骨の再現)などに用いられております。 また、撮影したCTのデータは、耳鼻科をはじめ医科の他科とのやり取りや他の歯科医院様においてC、画像診断のやり取りができるようになってきております。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です